映像制作は大きなビジネスに

main-img

映像制作ビジネスというのは、一時期、非常に斜陽になったことがあります。



しかし、それでもまた映像制作というのがまた隆盛してきているのです。


それはインターネットでの映像制作ビスネスであり、これで個人的に儲けている人も多いのです。



何故かといいますと誰でもインターネットで動画を公開している人が増えているからです。


こうしたことによって、再び、映像を制作することがビジネスとして隆盛してきたのです。



人によっては、個人で月に動画配信だけで数十万円という金額を稼いでいる人もいるのです。



それは実に素晴らしいことであり、新しいビジネスのスタイルであるとされています。これがどのくらい続くのか、ということは不明ではありますが、ここ十年程度で物凄く市場が拡大していますから、やってみる価値はあります。


映像制作業者がなくなったわけではなく、普通にテレビや企業のPVの仕事はありますから、まだまだ根強い力があります。
それでもインターネットと絡めることが映像制作会社には求められています。



それが能力、技術として最低限求められていることであり、必須になっています。


個人で映像の制作で利益を得ている人もいますし、企業もまだまだあるのです。


ちなみに個人で映像の制作のハードルが下がったのは、なんといってもコンピュータの発展が要因になっています。

そして、通信回線の発展により、それが自由に公開できるようになったからなのです。公開できる場が出来たのが大きいです。



関連リンク

subpage01

知っておきたい映像制作のあれこれ

映像制作というのは、イベントやテレビ、WEB上の配信などで流される映像を作ることです。この映像制作によって完成された映像作品には様々なジャンルのものがあり、ドラマなどのような実写やアニメーション、CGなど多種多様な作品があります。...

more
subpage02

映像制作は大きなビジネスに

映像制作ビジネスというのは、一時期、非常に斜陽になったことがあります。しかし、それでもまた映像制作というのがまた隆盛してきているのです。...

more