映像制作のコツと段取り

main-img

映像制作とは、映像を企画し構成して撮影や編集などの工程をへて、映像を作り上げることを言います。映像といってもテレビ番組やCM、プロモーション映像や商品の紹介映像など様々な映像が存在しています。



映像制作のコツとして、役割や目的を果たすことがあり、何のために映像を作るのかが大切になり、最終的にどうなってほしいか、伝えたいことをイメージすると目的が見えてきます。
限られた数分の間に、伝えることが目的になりますが、一番見たいのはどこなのか、興味があるのは何なのかなど、的確に判断し映像に反映することも重要になってきます。



映像制作の段取りとして、まず作りたい映像を企画することになりますが、どんな映像を作りたいか、予算や締めきりなどを考え、次に具体的にどんな映像にするかを構成します。



ある程度、完成映像のイメージをした上で、実際に撮影するためにスケジュールと構成台本を書きます。台本にしたがって撮影すれば、細かい部分まで詰めておくことができ、ミスが少なくスムーズに進められます。



撮影に入りますが、技術的なことは画角サイズや角度、照明の配置や音の収録、テープやバッテリーの準備など全て円滑に進めるための大事な作業になります。



撮影が終了したら編集しますが、今はパソコンを使うのが一般的になっていて、撮影した素材の不要な部分をカットしたり、並べかえたり見やすい映像になるよう加工したり、音声の編集もします。



そして映像の公開をします。

関連リンク

subpage01

映像制作というのは今では個人でも

映像制作と言うのは、今では個人でも多くの人がやっていることになります。何故かといいますと、それは映像を撮影するための機器や編集機器がとても安くなったからです。...

more
subpage02

知っておきたい映像制作のあれこれ

映像制作というのは、イベントやテレビ、WEB上の配信などで流される映像を作ることです。この映像制作によって完成された映像作品には様々なジャンルのものがあり、ドラマなどのような実写やアニメーション、CGなど多種多様な作品があります。...

more